災害は、忘れたころに、そして(今や)忘れる前にやってくる

近年の異常気象を受けての自然災害など、企業が準備するべきことがあります。
BCPとは事業継続計画(Business Continuity Plan)のことで、企業が災害などの緊急事態に損害を最小限にとどめ、事業継続または早期復旧を可能とするための計画の事です。
2011年の東日本大震災を契機に、日本でもこのような活動が盛んになってきています。

当社でも管理者を中心に、緊急時の生活に必要な物の備蓄や、緊急連絡網の整備と併せて、災害用伝言ダイヤルの活用を推進するなど多岐にわたる準備をしています。
広範囲を運行しているドライバーの安全対策も含め、何通りもの通信手段を平素から準備しておく事により、災害初期段階の混乱を最小限にする効果を期待しています。

また、配送先で災害に遭遇したスタッフさんが、誰とも話せないような不安もなくしたいと考えています。
私たちが事業を継続していく事は、社員そしてその家族を守る事につながり、お取引先様への安定的な業務の提供にもつながっていきます。

未だ出口の見えない新型コロナウイルス以外にも、異常気象や南海トラフ地震等、当社専門チームスタッフは、静かな緊張感を常に持っています。

【災害は、忘れたころに、そして忘れる前にやってくる】

堀部運送は、今やれる準備を、今準備します。


食料品、電化製品、衛生品等、必要なアイテムはたくさんあります。
「必要な物は必要である」の意識で取組んでいます。


特に衛生品は、暮らしの質を左右するアイテムです。